春近し

昨日は「立春」暦の上では 春の訪れです。
暦の上では「春」ですが、実際には余寒が厳しく、大寒とともに最も寒い時節でもあります。
 
雪は年々少なくなっていますが、寒さは増しているように感じるこの頃です。
 
ここ数日、お天気が良く、放射冷却か更に朝の冷え込みが厳しいですが、
そのお陰様で、道に生えている草木に霜が付き、朝日の反射でキラキラしていました。
とても綺麗でしたね。
 
先日、お客様より 珍しいお菓子を頂きました。
その名も「霜ばしら」
こちらも冬期限定、しかも一つ一つ 職人さんの手作りのお菓子だそうです。
「繊細」なお菓子です。手に取っても溶けませんが、まさに 霜柱のようです。
  
小学生の頃、水たまりに張る氷や、霜柱の上を夢中になって歩きながら学校に通ったのを思い出しましました。「霜柱」は、地中の温度が0℃以上または、地表の温度が0℃以下のときに、地中の水分が地表にしみ出して、柱状に凍結したもの。寒くないと出来ません。地面がないと出来ません。
 
そういえば、最近「霜柱」見てないです。
道もほとんど舗装され、私自身 車に乗るようになってから 気にも止めませんでした。
きっと、無意識に「時間に追われすぎていた」証拠ですね。
 
みなさんも、「霜柱」見つけに出かけてみませんか?
20090205200843.jpg

本日は、コズミックダイアリー セミナー

2009%EF%BE%80%EF%BE%9E%EF%BD%B2%EF%BD%B1%EF%BE%98%EF%BD%B0.jpg
午前のコズミックダイアリー 入門編も 賑やかに終了し
いよいよ 今から 進化のサポート編が始まります。
進化のためのヒントを より多く キャッチしていただける時間の始まりです♪♪♪ 
本日の施術のご予約は終了させていただきました。
明日以降のご予約は、ぜひ、お電話・メールにてお待ちしております。(^^)

シマウマとライオン

s_earth_02.jpg
 
たてがみの立派なライオンが草原を歩いていると、シマウマの群れを見つけました。
 
シマウマたちはライオンを見て、一目散に逃げ出します。
 
ところが、そのシマウマの中に一匹の若いライオンが混じっていていました。
驚いたことにその若いライオンも、たてがみのライオンを見てシマウマと一緒に一目散に逃げるで
はありませんか。
 
たてがみのライオンは、「いったいあの若いライオンは何をしているんだ?」 と驚き、
その若いライオンを追いかけて捕まえました。
 
若いライオンはぶるぶる震えて、自分は食べられてしまうと恐怖に恐れおののいています。
 
たてがみライオンは若ライオンに言います。
「いったいおまえは何を恐れているのだ。お前はライオンで、シマウマではないんだぞ!!」
 
それでも若ライオンは信じません。
 
たてがみライオンはその若ライオンを湖のほとりに連れて行き、
水に映る姿を見せると、驚いたことに、そこにはシマウマではなく、立派なライオンの姿がありました。
 
そこで、若ライオンは、自分はシマウマではなくライオンなんだって気づいたのでした。
 
本当の自分は誰?というお話ですよね。
私たちもどうなんでしょうか?
本当の自分を知りたい・・・方はこちら♪

風の花 アネモネ

アネモネの名はギリシア語のアネモスAnemos(風)に由来します。
風に吹かれて飛び散る花びらや綿毛のある種子から 風の名前がついたとのこと。
アネモネの花が大好きで、実家には春になるとアネモネの花が咲き乱れます。
春風が吹く季節に開花するので、春の使者です。
(写真のアネモネは、いつものお花屋さんで。)
南ヨーロッパ地中海沿岸が原産のお花です。
 
今日は、白い銀河の世界の橋渡しという日。
キーワードは、完全性 調和させる かたどる 死 等しくする 機会
 
アネモネにはギリシャ神話の言い伝えがあります。
美少年のアドニスのお話はよく聞きますが、今回はもう一つのお話を・・・。
 
アネモネは娘だったという説もあります。
花の神フローラは、花を咲かせる風の神ゼフュルスに愛されていると思っていました。
ところがゼフュルスが愛していたのは、フローラの侍女アネモネを愛していました。
それを知ったフローラは怒り、アネモネを追放してしまいます。
心優しいゼフュルスはアネモネとの諍いを避けるために、
仕方なくアネモネを花にしてしまったそうです。
 
アネモネと一緒にある写真の白い花は「ミラビー・フローラ」。
名前を知らずに惹かれて購入しましたが、今日の神秘的なシンクロでした。
20090129150521.jpg

新月

今日は新月。
太陽と重なり、見えないけれども、存在する月を観じてみてくださいね。
 
スマトラ沖で地震が発生した頃、
タイ南部の海岸にいた観光用のゾウが、突然鳴き始め、
津波の来襲する前に近くの丘に向けて、疾走しました。 
背中には外国人観光客約10人が乗っており、命が救われたことがありましたね。
 
象は、人間には聞こえない低周波音を使用し会話していると言われ、
足を通して低周波をキャッチすることができることも最近発見されたそうです。
ゾウの足の裏は非常に繊細にできていて、そこからの刺激が耳まで伝達されます。
 
五感をフルに生かすと、目に見えないモノを観じることが出来る。
ゾウより鈍感な私たち。人類です。
 
「夢をかなえるゾウ~」 っと!
叶えるために 私たちが 「今ここから 出来ること」 始めましょうね。
 
今日はKIN83 青い倍音の夜
輝き 力を与える 行動する 豊かさ 夢見る 直観
(コズミックダイアリーより)
001.jpg

CELEC、好評です!

 とっても可愛い、CELECの食器たち・・・。
ご自分で使ったり、贈り物にしたり・・・。
可愛らしくラッピングさせていただきます。
ティーカップ ハーブの花  ¥1680
ティーカップ ピュアハーブ ¥1890
プチディップセット      ¥1365
ピンクローズのお皿     ¥735
オリジナルハーブティもご一緒に・・・・。
 20090119125156.jpg

松田薫のコズミックダイアリーセミナー

インラケチ☆ 
kin 179 まつだかおるです。
 
○●○●○●  
     今、時代は大きな大きな変化の “時” 。
     今こそ、おひとりひとりが光り輝く、 ”進化の時” です。
     時計ではない本当の時間、人間以外のすべてが生きている自然時間。
     宇宙のリズムにのって、
     本来の自分へ、人間らしく、心地よく生きるための古代マヤの叡智を、
     コズミック・ダイアリーを通して、お伝えします。
                                   ○●○●○●○
 
セミナーのご案内はこちらから

変化、変容

20090122150524.jpg
本当の美しさとは?
花は、花らしく ただ一生懸命 そこに咲くように
私たちも、人として あるべき姿で 毎日を一生懸命に生きていきたい。
常に、そう思い日々過ごしています。
『本当の美しさとは?』
ロイヤルプリンセスがお答えします。
お身体のケア、精神面のケア、さらに魂のケア。
3つの側面から全体的なケアのお手伝いをさせていただきます。
コズミックダイアリーでは、青は変化を表します。
オーラソーマでは、バイオレットは変化、変容の意味もあります。
アメリカ大統領も変わりました。
ぜひ、一緒に 「変化」・「変容」を楽しみましょう。(^^)

大寒

今日は、「大寒」 。
なんて 見るからに寒そうな言葉でしょうね。(笑)
そんな・・・寒いイメージを吹き飛ばして頂きたい!と思いまして、
足浴に『柚子』をご用意してみました。
こころの疲れが重なったときや、リフレッシュしたいときに
柚子の香りは、とてもいい気分転換になると思います。
 
日本古来より『柚子』は、邪気を払うと言われています。
みなさまの心身の疲れを 少しでも取り去る お手伝いになればと・・・思います。 
ご来店お待ちしております。
019.JPG

シンクロニシティ

014.JPG
シンクロニシティ (共時性)
偶然の重なり合いのような瞬間。思いがけない出会いもその一つですね。
一期一会の出会いを大切に。 最近しみじみ感じます。
ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために
今、出会えたこと すべてに感謝を捧げたいと思います。
 
明日は、水晶の日。
分子同士が最大限の力で支え合っている水晶のように、
私たちも 協力、共に機能していることを実感できますように・・・。

fujitasayuri

リラクゼーションメニュー