新月の過ごし方

新月ですね。
朝から、雨模様の富山です。

今日のお天気は、
ちょうど
2年前の今頃に訪れた
アメリカのポートランドで体感したのと
同じ感覚です。

向こうの人は、多少の雨でも傘はささずに
レインコートや、ブレーカーを着て
雨の中を歩きます。

「傘をさして歩く」のと「スーツを着て歩く」のは
ポートランドではタブーだと知って
滞在中、傘をささずに過ごしたこと
懐かしく思います。
(案の定・・・帰国して風邪ひきましたけど。笑)

今日の空気が
あまりにもポートランドを彷彿させるので
近所を「傘なし」で歩いてみました。

日本では 変な人!ですよね。(笑)

新月ですから
自分の枠を一旦外してみました。

携帯電話も、ずっと電源入れっぱなしだと
本体が長持ちしないそうです。

意識的に 非日常の時間を持つことで
心も身体も 再起動させてみた。
谷口でした。

明日から、雪の予報が出ていますね。

どうぞ、
ココロも身体も温かくして
ご自愛ください。(^^)

 

あら!凄い!

目の疲れを
とても感じたので
ゴッドクリーナーに入りました。

下弦の月も過ぎたし
きっといっぱいデトックス
できるだろうなあ・・・

そう思っていたら
予想以上に(恐ろしくなる位に)
足浴が真っ黒クロスケになりました。

おかげさまで
目の疲れもスッキリ!

身体もポカポカ代謝が上がって
足も、軽い!軽い!

暫くして

何気なく
鏡に映る自分の顔をみて
驚いた!

 

 

人生最高?とも言えるほどに
目がデカくなってました。

チャームポイントの
腫れぼったい一重瞼が消滅し

新たな私に出逢った日となりました。

~デトックスクリーナー~
ブログはこちら↑

 

 

お試しください。

12月というのに
今日は、本当に良いお天気でした。

今週から雪の予報が出ていますので
どうぞ、お身体 ご自愛くださいね。

さて、
身体が硬くなって、
ストレッチをしたいけれども・・・
背中を反らすのはキツイ!という
あなたに。

今回のおススメは
『足の指を反らしましょう』というお話。

タイ古式マッサージの施術の基本姿勢
『蹲踞そんきょ)』の姿勢。

つま先立ちの姿勢で身体を支える体制は
自然と足指を反らすことになります。

足のクッションである
足指を反らす動きをみにつけると・・・

浮腫みにくくなります!
これは、「ふくらはぎ」を動かすことに繋がるからです。

ふくらはぎの筋肉が凝り固まって血流が滞ると、
全身の血流が悪くなり、代謝がさがるのです。

つま先を立てて 座れない場合は

まずは、
足指を優しく反らすように拡げ、
一本一本、丁寧に回しましょう。

あまり強く引っ張らないように、気をつけてくださいね。

湯船の中で、ぜひ!
お試しください。

年末もシャープなお顔で過ごすには!

いよいよ
忘年会シーズンがやってまいりました。

早くも
食べ過ぎ、飲みすぎて
お顔、むくむく・・・浮腫んでいませんか?

新月にむかう
年末に向けて
デトックスのチャンスです。

お顔から全身につかえて

お家で手軽に塗るだけで
リンパを流してくれる

ポールシェリーの
「リンパ・ハーバルオイル」は秀逸ですよ!

顔色も白くなった!!!と
喜んで頂いております。

顔はもちろん、脚の浮腫みもケアして
ブーツを綺麗に履きこなして頂きたいと思います。

ホームケアにひとつ。
ぜひ、加えていただいアイテムです。

代謝を上げるサポートが必要です。

昨日は、
『地始凍』

今日は雨ふりのせいもあって
とても寒く感じます。

こんな日は、
ふうふう。と息を吹きかけて食べる
「温かいもの」を頂きたくなりますね。

体温を上げるのに
身体も代謝を上げようとするので
今まで以上にお腹が空く。のを感じます。

小腹が空いた時は、
蒸し大豆を食べているのですが・・・

そろそろ
カップスープに入れてみようかな。

デトックスマシンと
脊椎セラピーのかいあって
冬場なのに代謝が落ちません。

なので、食べ方や運動も
私にあったもので
今までとは違う方法をいろいろ試しております。

お風呂の入り方も
夏場と変わりました。

服装以外も 冬使用。
これ、とっても大事ですよ。

 

 

ミクロの次元を活性する。

 

 

 

 

 

 

 

 

造血機能をもつ「骨髄」

年齢を重ねるにつれ、
骨髄の造血機能は低下していき・・・

代わりに脂肪組織に
置き換えられてゆくのです。
(データによると60代から急速に加速します。)

若さを保つ『自活力』を上げるのに
おススメなのが
脊椎セラピーです。

身体の中心の脊椎を温め、刺激することで
血液の巡りを高めます。

脊椎を支えている靭帯と筋肉が緩んで
脊椎が気持よく伸びた!感覚が味わえる。と
老若男女の方に喜んで頂いています。

 

ほっと、アンチエイジング

これからの時期は

乾燥だけでなく、
寒気による血行不良
身体の代謝サイクルが乱れやすくなります。

心がけたいのは
・血行を良くして、皮膚温を高めること。
・水分補給、保湿に気をつけること。

身体の外からのケアは
お風呂で、湯船に浸かることは
これまでもお伝えしてきました。

今日は
身体の中へのアプローチ!を意識しましょう。

老化を防ぐ『腎』の機能を高める
黒豆茶で喉を潤しましょう。

そうそう・・・
先日の、ハレ暦では
「黒ゴマのソイラテ」を
召し上がっていただきました。

黒い食品は、
腎の気を上げますからね♪

明日から
新しい一週間です。

身も心も 潤いあふれる時間を!

体内も冬支度

 

 

 

 

 

11月に入りました。
もうすぐ『立冬』ですね。(11月7日)

太陽の日照時間が短くなると
私達の身体にも
陰の気が溜まりやすくなります。

特に、日本海側では
これから特に
今日のような
お日様が出ている時が貴重になってきますね。

さて、
昔から東洋医学では
腎の機能を高めることで陰気を防いできました。

腎気とは
成長・発育・老化のリズムのコントロールを司る箇所、
腎の衰退は老化を早めるといわれ、
老眼、白髪、足腰の弱さなど、
老化現象の原因は「腎」と関わるといわれます。

約2000年前に作られた
「霊枢脈度篇(れいすうみゃくどへん)」という本の中に、
腎と耳が密接な関係にあることを示す

「腎気は、耳に通じ
腎和すればよく五音を聞く」
という言葉があります。

全身のツボが集まる「耳」をほぐすことで
腎の働きも高めることができるのです。

新メニュー『巡り』
好評頂いております。

次回は、「腎」のホームケアをお伝えします。

知識から体感へ

ずいぶんと
寒くなりました。

この寒さが
紅葉を際立たせるのですが、

動物にとっては
機能を低下させますね。
いまこそ
内側から熱を生み出す
身体の機能にスイッチをいれましょう。

そこで、オススメするのは
スイッチの入れ方です。

例をあげてみます。

国菌でもある 麹菌。
これは、
日本人のDNAに馴染みある
「発酵食品」です。

みなさんも
摂取することは
意識的にしてらっしゃると思います。

新たな提案は

お味噌を仕込む。
甘酒を造る。

創る過程を楽しむ。ことは
生きる知恵を養います。

日本古来から伝わる文化を
見直すこと。

自分だけではなく
家族や仲間など
元気を拡げるご提案を

これから
お伝えしていきます。

fujitasayuri

リラクゼーションメニュー